労働契約を結ぶと必然的に付いてくる義務


社 長 最近パワハラがよく問題になってるけど、パワハラって違法なことなんですか?

社労士   使用者には「職場環境配慮義務」があります。これは、働きやすい職場環境を保たなけれはならないというものでパワハラの防止もここに含まれます

社 長  それは労働基準法で決まっているんですか?

社労士   いいえ、労働基準法で定められているわけはありません。労働契約を結ぶと、必然   的に付いてくる「労働契約の付随義務」と言われています。付随義務には民法などで定められているものと、過去の判例から確立されたものがあります。

社長  違反したらどうなるんてすか?罰金があるんですか?

社労士  労働基準監督官が来て指導されるとか罰金を支払わされるといったことはありませ   ん。ただ、社員から裁判を起こされたときは、義務を怠ったということで「債務不履行」となり義務を履行するよう請求されたり損害賠償を請求されることがあります。

社長 会社ばかり義務がたくさんあってたいへんですね・・・・

社労士  付随義務は労働者にもあるんですよ。たとえば下記のようなものです。

使用者側の付随義務IMG_6493

①信義誠実の原則

 相手の信頼を裏切らないように行動しなけれはならない。

②安全配慮義務

 労働者の安全と健康を守らなければならない

③職場環境配慮義務

 労働者が安全で適正な職場環境で働けるよう配      慮しなければならない

④使用者責任

 労働者が業務上第三者に損害を加えた場合、それを賠償しなけれはならない

 

労働者側の付随義務IMG_6586

①信義誠実の原則

 相手の信頼を裏切らないよう行動しなければな        らない

②職務専念義務

 職務中は職務に専念しなければならない

③企業秩序遵守の義務

 職場の秩序を乱すような行動をしてはならない

④秘密保持義務

 業務上知り得た情報を漏らしてはならない

⑤競業避止義務

 在職中に使用者の不利益になるような競業行為(兼業など)をしてはならない

コメントは受け付けていません。