事務所ニュース9月号発行

事務所ニュース9月号を発行しました。

http://www.kawasaki-sr.com/pdf/2013_09_news.pdf

〇特集 定年後の労働条件を再検討

高年齢者はこう活用する

高年齢者の雇用義務があることを知っている経営者は多いものの、制度の内容を正しく理解していない方が意外に多い気がいたします。

また定年後の高齢者にどう働いてもらうかあまり検討しないまま該当者がでてしまうケースが多いようです。今回の特集で゛は基本的な高齢者の活用方法を説明しています。

 

〇短時間労働者の多様な実態に関する調査・・・『無期パートは有期パートより満足度高い』

労働契約法の改正などから、パートタイマーの活用方法の見直しを検討されている会社は多いと思います。見直しを行う際のヒントになれば良いです。

 

〇外国人被保険者のアルファベット氏名登録が始まりました。

外国人被保険者については、年金手帳をなくしてしまうと、カタカナの検索では基礎年金番号が見つからないことが多いようです。今回のアルファベットの登録がこのようなトラブル防止につながると思われます。

 

〇人事労務の法律ミニ教室

出産・育児でしばらく働けないから契約の更新はしなくてもいいの??

育児休業を取得する人が増えていますが、有期契約で働く人からの育児休業の申し出があり、判断を迷うケースが増えています。

◆有期契約労働者の育児休業の取得要件◆

①同一の事業主に引き続き1年以上雇用されていること

②子の1歳の誕生日以後も引き続き雇用されることが見込まれること

③この2歳の誕生日の前々日までに、労働契約の期間が満了しており、かつ、契約が更新されないことが明らかでないこと。

厚生労働省「育児・介護休業法のあらまし」より

 

 

人事・労務管理セミナー

人事・労務管理セミナー

平成25年10月23日(水) 13時30分~

標記のセミナーが開催されます。たくさんの方のご参加をお待ちしています。

また、この公益法人社団千葉県労働基準協会連合会主催の「人事・労務管理セミナー」の

終了後、新規起業事業場(起業5年以内)の事業主を対象として個別相談会を開催いたし

ます。

セミナー参加に合わせて、たくさんのかたのご参加をお待ちしています。

参加ご希望のかたは当事務所までご連絡のほどをよろしくお願いいたします。

平成25年4月1日より平成26年3月31日まで

厚生労働省・新規起業事業場就業環境整備事業の就業環境整備普及指導員として

委嘱を受けており指導員として広く活動しています。

新規起業事業場(起業5年以内)の事業主さんの企業を支援します。

安心・安全な職場づくりをお手伝いいたします。

厚生労働省の委託事業です。

ぜひ、この機会をご利用ください!