厚生年金保険料率は変わらず


算定基礎届により9月~社会保険料が変わります

☆☆標準報酬月額が新しく☆☆

社会保険に加入している事業所は毎年7月に算定基礎届を提出します

9月~その結果が反映され、厚生年金及び健康保険の標準報酬月額が新たに設定されたものに変わります

標準報酬月額とは、各人の保険料を算定するために硬便的に設定された保険料のランクで、傷病手当金や出産手当金などの給付を行う際も、この標準報酬月額をベースに計算していきます

~~厚生年金保険料率は変わらず~~

厚生年金保険料率は、平成16年から毎年0.354%ずつ引き上げられてきましたが

前々回(平成29年9月)を最後に引き上げが終了し、以降は18.3%に固定されています

そのため今回、厚生年金の保険料率は前年と変わりません

 

 

 

~~標準報酬月額の等級を追加~~

厚生年金の標準報酬月額の上限は現在「62万円」が上限となっていますが、今年9月からもう一つ等級が追加され「65万円」が上限となる予定です

☆☆☆☆☆☆     ☆☆☆☆☆

算定基礎届による標準報酬月額の変更は、9月(10月納付分)から適用されます

給与計算時にはご注意ください~☆

コメントは受け付けていません。