労働基準関係法令違反に係る公表事案


企業名公表

 厚生労働省は6月30日、「労働基準関係法令違反に係る公表事案」を

ホームページ上で公表しました。

所在地と事業所名、違反内容などが公表されています。

 この企業名公表制度は、過労死ゼロを目指す取り組みの1つとして実施されているもので、労働基準関係法令違反の疑いで送検された事案などが対象となっています。

  •  *  *  *  * *  *  *  * *  *  *  *

違反内容を見てみますと、無資格の者にフォークリフトを運転させたなど、建設業や製造業における労働安全衛生法違反に関する事案が多くなっていますが、他の業種でも起こりうる、下記のような違反も公表されています。

 

~~半永久的に残る可能性も~~

まずは是正勧告や指導票の交付がおこなわれ、それでも是正しない場合に送検されることが多いようです。ただし、いわゆる労災隠しなど悪質なものについては是正するかどうかに関係なく送検されることもあります。

 

 

 

 

公表内容は一定期間で厚生労働省のホームページ上からは削除されますが、いったん公表されれば他のサイトに転載され、半永久的にインターネット上に残る可能性もあります。取引先からの信用を失ったり、採用が困難になるなど経営に大きな打撃となるかもしれません。

コメントは受け付けていません。